セクシーファッション・コスプレ画像日記

モデルもカメラマンもわたし♪ レイ(reitrc)がセーラー服、レースクィーン、ボディコン、マイクロミニ、コスプレ衣装を着たり脱いだり♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界一の美女の創りかた

ミス・ユニバース・ジャパンのディレクター、イネス・リグロンさんの「世界一の美女の創りかた」。
ひとことでいうと、美しくなりたい女性にとっては学ぶことが大変多く、非常に役立ち、向上したい男性にも是非オススメの1冊です。

世界一の美女の創りかた


この本の中でわたしの心にグッときた一節があります。

2007年世界一の美女になった森理世さん、世界一の美女だと評価されたけど、ニッポンのスポーツ紙やオジサン向け週刊誌ではバッシングされて彼女は傷ついてしまったそうなのです。

わたしとミス・ユニバースとでは住む世界もステージも全く違いますが、女として同じような経験をしたことがありました。
わたしはネット上の小さな小さな世界でわたしなりの表現をしていますが、ウラでバッシングというか悪口を書かれていることもあってショックを受けたことがありました。

それを知っている友人は、「悪口を書かれるというのは、注目されているからだよ、全く興味がなかったら悪いことさえ書かないからね」と励ましてくれたり「悪いことを書いているのはオタクの人だから気にしなくていいよ」とか、言ってくれて、確かにいわゆるアニメが好きなオタクの人とわたしは接点がないし、そういう人たちから支持されなくてもベツにいっか……そんな風に考えていました。
でもそれでも傷ついた心が100%癒されたわけではありませんでした。

そんなとき、イネスさんがこう言いました。
「大丈夫よ、あのオタクたちとあなたが食事のテーブルを共にすることは決してないから」

確かにそうだ……。オタクとわたしとでは住む世界が違う……。
わたしはこの彼女のひとことで救われました。

わたしの友達も励ましたり慰めたりしてくれたけど、正直、こんなにも瞬間的に胸がスーッと穏やかにはなりませんでした。
こういう励まし方がすぐにできる彼女は、なんて素晴らしい女性なのだろうと憧れます。そしてわたしも友人がへこんでいるようなことがあれば、パッと元気にしてあげられる一言がすぐに言える女性になることを熱望します。


※本の中で、森理世さんに言ったこと
「大丈夫よ、あのオジさんたちとあなたが食事のテーブルを共にすることは決してないから」を置き換えて書きました↑
関連記事

世界一の美女になるには精神的にも
タフでなければいけないのかもしれませんね。

内面の健やかさって何をするにも
大事なんでしょうキット、ちょっと読んでみたくなりました^^
[ 2009/08/31 07:02 ] [ 編集 ]
>江口さん
この本を読むと自信が持てるようになって美に対するモチベーションがあがりました。機会があれば読んでみてね。
[ 2009/09/01 01:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。