セクシーファッション・コスプレ画像日記

モデルもカメラマンもわたし♪ レイ(reitrc)がセーラー服、レースクィーン、ボディコン、マイクロミニ、コスプレ衣装を着たり脱いだり♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


洋服に関すること 

この記事にいただいたコメント、とっても嬉しかったです。
「reitrcさんは自身の肉体を含めてファッションを考えられているような気がしました。」
確かに確かに!!おっしゃるとおりです!

自分の体系に合って尚且つ自分で買うことのできるものを少しずつ買っているというか、集めているというか…自分なりのセオリーがあって洋服を選んでいますが今はかなりストイックです。この境地に達するまでは長い道のりがありました。

ファッション雑誌やパリコレの情報やブランド品の雑誌をみたりして、最新の中から自分の気に入ったものを探して、それを欲しいと思っていた時期がありました。

また、ヴェルサーチ(セカンドラインも含めて)の服は大好きだから、ワンピースに限らず、ジャケットやパンツ、ジーンズ、コートなど、本当はいろいろ着てみたくて試していた時期もあるんです。
でも、ブティックで身長180くらいありそうなマネキンが着てジャストフィットのカッコイイジャケットとパンツなど、身長158cmの私が着たって到底そのかっこいいジャストバランスで着られるわけがないんです。欧米人の丸みのある(胸の厚みがあって幅の狭い)ボディにフィットするように立体裁断されたジャケットが、幅広で薄っぺらな典型的モンゴル体系の私に合うはずがないんです。

体系が合っていさえすれば、きっときっと絶対に着心地もよく、ボディラインをより強調してさらにセクシーに見せてくれるジャケットなはずなのに、ヴェルサーチのジャケットはものによっては動きにくくて着心地もいまいち。バストの位置も合わず、本来胸の来る位置なのに、バストの高さが合わず妙な空間ができたりする。ニットのカーディガンなら問題ないけど、伸びない素材のものはまず合いませんでした。合わないとわかっていてもその洋服自体がかわいいから無理して着ていたときもあったのですが、結果的に得た教訓は、「自分の体系に合わないものを無理してきていても、プロポーションがよく見えない」ということでした。

versace ヒトデ柄ワンピ versace starfish dressversaceのヒトデ柄のワンピース

服自体が奇抜で超カッコイイものを体系に合わなくても無理して着て、着ていること自体に満足するか、或いは自分自身が少しでもプロポーションがよく見えるデザインを着るべきか、どちらを優先すべきか悩んだ時期もありました。

私は基本的にヴェルサーチなどの度派手な色使いや強烈なデザインが好き。
私にだって手も脚もある。パリコレのモデルと同じようにオッパイだってもお尻だってある。ただ大きさや形や長さが違うだけ。一応着ようと思えばどんなデザインであっても着れないこともないんです。でもただ着るだけじゃ納得いかない。その服を着たことによって、服の派手さと美しさが目立つと同時に、自分自身のボディラインを少しでも美しく見せてくれたり、少しでも背が高く見えたり、プラスの部分を強調してくれないと意味がないんです。つづく・・・
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。